生産者が作った良いものを、どのようにユーザーに伝えていくのか、作る段階で意識するポイント(Search&Share)がよくわかった。