最新レポート

2018.09.25

定期通販の基礎知識

1つの商品で成功するの?単品通販の特徴とメリットとは?

店舗を持たずに商品の販売ができるネットショップは、ローコストで経営ができるサービスとして注目を集めています。ネットショップというと、複数の商品の売買を行っているイメージを持つ人も多いです。しかしネットショップの中には、単品通販と呼ばれる種類のショップもあります。1つの商品だけでネットショップは成り立つのでしょうか。また単品通販の経営を成功させるためにはどのような商品を取り扱えば良いのでしょうか。今回は、単品通販の特徴とメリットについてご紹介します
テモナ株式会社(以下、テモナ)ではブログのほか、無料セミナーも行っています。テモナが提供する通販システム、たまごリピートは導入実績1,400以上と業界シェアNo.1です。実績と経験のあるテモナが定期購入のメリットとポイントをセミナーでご紹介します。以下のリンクからセミナーへご応募ができます。
東京無料セミナー情報

単品通販とは?1つの商品に特化したネットショップ運営

単品通販とは?1つの商品に特化したネットショップ運営

単品通販とは、「扱う商品が1つ」もしくは「扱う商品がごく少数」の通販を指します。単品通販の最大の特徴として挙げられるのが「新規参入しやすい点」です。 一般的に、大手通販会社のサービスは総合通販である場合が多いです。総合通販とは、単品通販と対照的に複数の商品を扱う通販サービスのことを指します。取り扱う商品のカテゴリーもさまざまであり、消費者が必要なものをまとめてカートに入れ、購入できる点がメリットといえるでしょう。 総合通販に新規参入しようとする場合、大手通販サービスに匹敵するくらいの商品を揃えることが必要です。取り扱う商品のカテゴリーも幅広くする必要があるため、商品管理に手間やコストがかかる場合もあるでしょう。 単品通販のサイトを作りネットショップに新規参入する場合、大手通販サービスが競合になるケースは少ないです。さまざまなカテゴリーの商品を取り扱う必要もなく、商品管理にかかるコストも削減しやすいです。 大手通販サービスとは違う方向から消費者にアプローチできるため、スムーズに経営がしやすいといえるでしょう。

単品通販のメリット1.販促しやすい

単品通販のメリット1.販促しやすい

単品通販を行う1つ目のメリットとして挙げられるのが「販促がしやすい点」です。商品を販売する上で、販促を欠かすことはできません。さまざまな種類の商品を扱う総合通販の場合、1つ1つの商品を消費者にアピールする必要があります。1つの商品を保存・管理するためにかかるコストがアップしやすいのです。経費に余裕がない場合は、総合通販の手法を取ることは避けた方が良いでしょう。 単品通販の場合は、取り扱う1つの商品の販促を行います。販促にかかるコストが抑えられるために、効率よく通販サービスを運営できるのです。1つの商品のLP(ランディングページ)を作るなどし集中的に販促を行うこともできます。このことから、総合通販よりも販促が行いやすいといえるでしょう。 また、単品通販の手法を取ると顧客とコミュニケーションを取りながら販促を行いやすくなります。総合通販の場合、多くの顧客に対し複数の商品を販売します。この場合、1組の顧客に対して複数の商品をアピールすることになるため効率的な販促がしにくいのです。単品通販の場合は、1組の顧客に対し1種類の商品を販売します。売買を通して生まれるコミュニケーションも密になりやすく、より強い繋がりができやすいです。また、同じ商品を求める顧客は同じニーズを持っている場合も多いです。より顧客の心に響く販促を考えやすくなるため、効率よく商品をアピールしやすいといえます。

東京無料セミナー情報

単品通販のメリット2.在庫管理がしやすい

単品通販のメリット2.在庫管理がしやすい

単品通販を選ぶ2つ目のメリットとして挙げられるのが「在庫管理のしやすさ」です。総合通販の場合、さまざまな種類の商品を取り扱うためそれぞれの商品の保存に適した環境を整備する必要があります。商品の保存や管理のためにさまざまな機器を必要とする場合もあるでしょう。商品を保存するために機器を購入する場合、それらの費用は商品を販売することによって回収しなくてはいけません。 一方、単品通販の場合は1つの商品を管理するためだけに環境を整えます。仮に、保存や管理に機器を必要とする場合でもさまざまな種類の機器を購入する必要はありません。商品の保存や管理にかかるコストが低く、効率よく通販サービスを経営しやすくなります。 また、在庫切れのリスクが少なく仕入れがしやすい点もメリットといえるでしょう。総合通販の場合、1度に多くの仕入れを行うと商品が余ってしまいいつまでも販売できないケースもあります。しかし、在庫を余らせないために商品数を減らし過ぎてしまうと、在庫切れになってしまうリスクもあります。このように、総合通販は在庫管理が難しい一面もあるのです。 一方、1つの商品を販売する場合多めに仕入れてしまっても大きな問題に繋がることはありません。多く仕入れてしまった分、次の仕入れ量を減らすことで商品の数のバランスを取れます。在庫切れのリスクも低いため、在庫管理がしやすいといえるでしょう。

リピーター客を獲得せよ!単品通販を成功させるポイント

リピーター客を獲得せよ!単品通販を成功させるポイント

単品通販を成功させるポイントとして挙げられるのが「リピーターをいかに獲得できるか」という点です。単品通販を行う場合、顧客が制限される傾向にあります。総合通販サービスでは、さまざまなジャンルの商品を取り扱うために、顧客のタイプが制限されることがありません。さまざまなタイプの顧客に、ニーズに合った商品を提供できる点は総合通販の特徴といえるでしょう。 しかし、顧客が制限されるということは単品通販のデメリットではありません。これは、商品を販売するターゲットを絞りやすいという単品通販のメリットとも捉えられます。単品通販は顧客が絞り込まれやすいために、リピーターを獲得することに注力する必要があります。 次に、2つ目の単品通販を成功させるポイントとして挙げられるのが「単品通販に向いているジャンルの商品を選ぶこと」です。単品通販は、初期費用を抑えたりランニングコストを安くしたりなどの工夫を行いやすいです。そのため、新規参入はしやすいですが経営を続けるためには継続して利益を上げる必要があります。そのために、どのような商品が単品通販に向いているかを見極めることが大切なのです。 例えば、単品通販を行う上で長い期間使い続けることが可能な物や、衣服の販売などは適しているとはいえません。1度顧客に商品を販売したとしても、リピーターになるまでに長い時間がかかってしまうでしょう。それどころか、1度商品を販売したきりで顧客との繋がりがなくなってしまうことさえあります。

単品通販と相性の良い商品ジャンルとは?

単品通販と相性の良い商品ジャンルとは?

単品通販に向いている商品のジャンルとして挙げられるのが「消耗品」です。消耗品がなくなると追加購入をする必要があります。1度商品を購入し、満足をした顧客は同じ商品を同じ企業から購入したいと考える場合が多いです。そのため、消耗品の単品通販はリピーターを獲得しやすいといえます。消耗品の中でも、定期的に購入する必要があるものを選べばより効率よく利益を上げやすいといえるでしょう。 消耗品の中でも、化粧品や健康食品、食品などは単品通販に向いているといえます。まず、化粧品は購入した人の体質に合えば「継続して購入したい」という気持ちになりやすいです。「同じ化粧品を毎日使いたい」と考える人は多いため、消耗のペースも早い傾向にあるといえるでしょう。健康食品や食品は、購入した人が継続して消費するものであるためリピート購入に繋がりやすいです。ただし、消費期限や賞味期限が短い食品である場合は在庫の管理が難しくなるため注意しましょう。消費期限が長い物であるほど、管理や販売がしやすいです。 これらの消耗品は定期的に購入する必要があるため、定期購入と非常に相性が良いことも特徴です。単品通販を行う際には、顧客と定期購入のシステムを活用するのが良いです。顧客と定期購入契約を結ぶことで、確実にリピーターが増え経営も安定しやすくなります

東京無料セミナー情報