最新レポート

2018.10.31

集客方法

売上アップにはコツがある!ネットショップの集客方法とは?

売上アップにはコツがある!ネットショップの集客方法とは?

インターネットが普及した現代において、ネットショップは誰でも簡単に始めることができるようになったビジネスです。しかし、なんの知識もなく利益を上げられるほど甘い世界ではありません。特にネットショップは集客の方法が一番悩ましいポイントであり、なにから手をつければ良いのかわからないことも多いでしょう。ここでは、ネットショップの運営をしたい、運営しているネットショップの売り上げをアップしたいと考えている人を対象に、ネットショップの集客方法を解説します。

テモナが開催する無料通販セミナー


ネットショップの集客方法1.snsの活用

ネットショップの集客方法1.snsの活用

ネットショップの集客方法としてまず、SNSの活用があります。

SNSはできるだけメジャーなものが望ましいので、twitterやFacebook、インスタなどを利用すると良いでしょう。 SNSの一番のメリットは無料で使用できる点です。どのSNSであっても、基本的にはメールアドレスとパスワードさえ登録すれば利用できるので、お手軽にはじめることができます。

アカウントを作成すれば、パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも更新できるので、フレキシブルな対応も可能です。商品や在庫状況、ショップの紹介などをSNSで頻繁にアップすれば、そのショップや商品に対して親しみを持ってもらったり、認知度を上げたりすることに役立ちます。

SNSはタイムリーな情報を流したい場合に優れているツールといえるでしょう。キュレーションサイトで紹介されるなど、なにかきっかけがあれば、爆発的なブームを起こせる可能性もあります。インスタやtwitterはフォロー機能がありますので、大勢からフォローされれば、その宣伝効果は絶大です。また、こちらからフォローをすれば気になるSNSの更新情報を受け取ることができるようになります。相互フォローをどんどん増やし、ショップの新情報がよりたくさんの人に届くようにしましょう。

SNSはタイムリーな情報を流すことに向いていますが、その反面、流した情報はすぐに過去のものになります。一度流した情報が、一定時間経過後に、ブームを起こすケースはほとんどありません。SNSで宣伝効果を上げるためには継続した投稿が必要になります。

ネットショップの集客方法2.ブログの活用

ネットショップの集客方法2.ブログの活用

ネットショップで集客する際にはブログを始めるのも、おすすめです。

カートシステムサービスを契約した際に、ブログサービスが付随されている場合もあります。もしブログが無いようであれば、ネットショップの公式サイトにブログを立ち上げ、定期的に更新するようにしましょう。ブログをリンクしてもらえれば、SEOにも効果的です。 ブログを書く際には重要キーワードを含むタイトルを意識しましょう。たとえばTVゲームを扱うネットショップであれば、「ゲーム機の名前」と「ゲームソフト名」などをタイトルに含めるようにします。

ブログのタイトル部分に自分が売りたい商品情報を入れることで検索エンジンなどで引っかかりやすくなるでしょう。重要なキーワードを左から並べるのがポイントです。ブログのタイトル部分が「新作ソフト入荷!」や「大人気ゲーム在庫あり」など曖昧なものだと、売りたい商品が検索エンジンに表示されることが無いので気をつけましょう。 本文を書く際にも、重要キーワードをどんどん入れていきます。

可能であれば、自分の扱っている商品すべてに対して、ブログを書ければベストです。その商品が思わず欲しくなるようなストーリーを書くことができれば、高い集客効果が期待できます。 しかし、実際は時間的制約や文章力の問題もあり、すべての商品に対するブログを作成するのは困難な場合も多いでしょう。

そのようなときは、ブログの内容にはあまりこだわらず、商品名と金額など簡易的な情報を載せることから始めてください。購入のリンクを張るのも良いアプローチです。とにかく、最初はたくさんの記事を用意するアクションが大事になります。

テモナが開催する無料通販セミナー

ネットショップの集客方法3.ネット広告

ネットショップの集客方法3.ネット広告

ネット広告はネットショップの集客を促進させる手段として効果的です。

方法は大きく分けると3点あります。 まず、「リスティング広告」です。リスティング広告とはYahoo!やGoogleなどでユーザーが商品に関連のある言葉を検索した際に、その検索結果に連動して表示する広告のことを指します。表示のコントロールが可能で、広告料を出しさえすれば検索結果の上部に表示させることが可能です。設定にかかる時間も比較的短くてすむので、成果がすぐに出るケースもあります。

次に、「アフィリエイト広告」を説明します。アフィリエイト広告とはブログやWebサイトに貼ってもらう広告のことです。アフィリエイト・サービス・プロバイダを利用します。広告先は多種多様で、法人もいれば、個人のサイトもあります。

その広告が元で成果がでた場合に報酬が発生する仕組みとなっているので、掲載側は何らかの成果を出すために色々と施策を打つのが特徴です。その商品に対するレポートやブログを書いて広告を張る人も多いので、広告というより口コミのような効果が期待できる場合もあるでしょう。

最後に、「SNS広告」です。SNS広告とはSNSに載せる広告のことで、ターゲットを正確に設定できるのがメリットになります。SNSを利用するユーザーは自分の年齢、趣味、住居などをプロフィールに記載していることが一般的です。そのため、そこに広告を張るということは、その情報に合わせたターゲティングが可能になります。

ネットショップの集客のコツ1.seo対策は万全に

ネットショップの集客のコツ1.seo対策は万全に

ネットショップでのショッピングは検索エンジンを活用することが多いです。

そのため、seo対策はほぼ必須といえます。seoとは検索エンジン最適化ともいいます。特定のキーワードで検索をかけたときに自分のサイトを上位に表示させる方法を検討することがseo対策です。ユーザーが検索をかけたときに、上位に表示されなければ、サイトのpvを上げるのは困難になるでしょう。 seo対策には様々なアプローチがあります。

ecサイトや付随するブログに、キーワードを意識しつつ顧客にとって有益な情報を掲載するのも良いでしょう。キーワードの数だけでなく、被リンク数にも要注意です。検索エンジンがサイトを評価するポイントとして、自サイトにリンクしているサイトの質も重要になります。作為的に質の悪い被リンク数を増やす手法は通用しないだけでなく、逆にペナルティをつけられることがあるので避けるようにしましょう。自分で質の良いWebページやSNSのコンテンツを作り、そのページからリンクを張る方法は問題ありません。

数で勝負するのではなく、できるだけ質の高いサイトをリンクさせることが、seo対策の一つのコツになります。 地道に商品数を増やし続けることもseo対策として有効です。販売数の少ない商品であっても、種類を増やすことで全体の売り上げを大きくするアプローチです。実店舗で開業した場合は商品を増やすのにスペースの制限がありますが、ネットショップであれば無限に増やせます。

商品が売れれば売れるほど、検索上位に入れる可能性がアップするでしょう。商品をひとつでも多く売ることがそのままseo対策にもつながるのです。

ネットショップの集客のコツ2.ターゲット層とペルソナの絞り込み

ネットショップの集客のコツ2.ターゲット層とペルソナの絞り込み

ネットショップに集客するコツとして、ターゲットやペルソナの絞り込みはとても重要なポイントです。

snsやブログ、広告の活用は、ターゲット層やペルソナの絞り込みができていないと大きな効果は期待できません。女性、男性、若年層、中高年以上、主婦、サラリーマンなど、どの層をターゲットにしたいのかを明確にしたうえでペルソナを設定するのが重要になります。

「たまごリピートNext」では広告やアフィリエイトで大成功した事例や通販のプロがノウハウを説明してくれるセミナーを定期的に開催しています。ネットショップの集客が上手くいかないとお悩みであれば、足を運んでみると良いでしょう。料金が無料のセミナーもたくさんありますので、気軽に参加できます。

テモナが開催する無料通販セミナー

カテゴリー